仙台街中で本格スイーツを楽しめる、Cafe MythiQue(カフェミティーク)。

こんにちは。クラシバライターの森内です。

森内 芳枝
アーティスト

「Yhosie Moriuchi」として、犬を中心としたさまざまな動物と自分が暮らす理想の世界を描いている仙台出身の画家・アーティスト。仙台周辺のおすすめスポットやグルメなどを中心に紹介。

今日は、仙台駅周辺のクリスロード商店街と広瀬通りの交差点にあるCafe MythiQue(カフェミティーク)をご紹介します。

Cafe MythiQue(カフェミティーク)について

Cafe MythiQue(カフェミティーク)は仙台にあるパティスリー『ミティーク』さんが2015年にopenしたカフェだそうです。

大通りの角のビルの3階にあるお店ですが隠れ家感があります。エレベーターは無いので階段で3階まで登ります。

店内はインテリアにこだわりを感じるおしゃれな内装です。
テレビで紹介された人気店のようですが、今回訪問した時間はお昼の12時30分で食後のケーキタイムには少し前だったので比較的空いていました。

お店ではケーキと珈琲を楽しむ事も出来ますがアートスムージーなるドリンクが人気のようです。

芸術品レベルのスイーツに感動

ベーグルプレート(550円)

ランチメニューはパスタとベーグルプレートの2種類ですが、パスタはSOUL’d OUTとのことで、ベーグルプレートを選択しました。口コミでは仙台味噌を使ったナポリタンが美味しいとのことだったので楽しみしていたのですが今回は頼めず・・・。ランチがメインというよりはケーキはメインの店だしと自分を納得させつつ。

3Dカフェラテ(680円)

インスタ映えしそうな3Dラテアートですね。
「カフェミティーク」はバリスタさんがが一杯一杯入れてくれることで有名です。

家で留守番中の我が家のこまちゃんを思い出します。

3Dラテにそっくりなこまちゃん。

デザートはバニラフレーズ(450円)とミロワールショコラ(500円)を注文。

チョコの耳がついていて丸くカットされたいちごがとても可愛いケーキです。いちご味のケーキだな、と思って食べると、芳醇なバニラが香るバニラムースがメインとなっていました。

ブラウンとグリーンのコントラストがオシャレなチョコケーキ。味はとっても濃厚です!味にもこだわり、見た目にもこだわる、パティシエのセンスが光る逸品です。

焼き菓子と珈琲のお土産コーナーもありました。

Cafe MythiQue(カフェミティーク)へのアクセス

Cafe MythiQue(カフェミティーク)は専用駐車場がないため、車で来る場合は近くの有料パーキングを利用することになります。私達も歩いて10分位のコインパーキングに車を停めました。

電車でのアクセスは、仙台駅西口から徒歩6分程度です。仙台の街なかにあるので、街の散策途中や買い物のついでに立ち寄ることもできます。

Cafe MythiQue

宮城県仙台市青葉区中央2-4-11 水晶堂ビル3F

「Cafe MythiQue(カフェミティーク)」では、美しく繊細な味わいのケーキとワクワクするほど愛らしい3Dのラテアートやアートスムージーを楽しめます。街の喧騒を離れ、ゆったりとした時を過ごしましょう。